FX初心者のために!はじめての外為FX講座

This page:FX初心者のために!はじめての外為FX講座TOP > テクニカル分析 > 基本です移動平均線、注意すべきところは?

基本です移動平均線、注意すべきところは?

移動平均線は基本中の基本のテクニカル分析ですね。
5日の移動平均、20日の移動平均というように、
ある一定の期間のレートの平均を線にしたものです。

見方としては、短期と長期の移動平均線を組み合わせて使うのが一般的。
サインとしては、
短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上にぬけば、ゴールデンクロスで買いサイン。
逆に、短期が長期を上から下にぬければ、デッドクロスとして売りサインと呼ばれます。

ただ、わたしの経験上、このサイン。あまり当てになりません。
レートを平均しているだけに、サインが遅い場合が多いんです。
サインという意味では、ローソク足が一番早いものだと思います。

では、移動平均線で何を見るかですね!

移動平均線は、相場のトレンドを把握するものに使います。
わたしは、短期の移動平均線は5日を、中期は20日を、長期として100日を使用します。
5日は、1週間5営業日として、1週間のトレンド、
20日は、だいたい1ヶ月のトレンド、100日は半年くらいという感じですね。

わかりやすいのが5日の移動平均線ですね。
ローソク足が、5日の上にあれば、上昇基調。
下にあれば下降基調と読めます。
5日の移動平均線が下を向いていれば、短期的なトレンドは下落と読むわけです。
ローソク足と5日の移動平均線のサインは、結構あてはまりますね。

20日の移動平均線は、上昇基調から下降に向った場合、サポートラインとして機能します。
中期のトレンドを示しますから、ここを割るということは、
短期的な下落が中期的な下落になったということ、下げ幅も大きくなる可能性が高くなります。
逆に下落相場から上昇に向いたときには、上の抵抗線レジスタンスラインになります。

移動平均線は、基本ですが、結構使えます。
FX相場に望むときは、まず、移動平均線を見て、短期と中期のトレンドチェック。
そして、ローソク足の位置はチェックしておきたいものです。


1万円からはじめられる→「外為どっとコム」
 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0