FX初心者のために!はじめての外為FX講座

This page:FX初心者のために!はじめての外為FX講座TOP > ファンダメンタル分析、指標などの見方 > FXでは、指標が良くても下げる場合もある、市場の流れが大事です

FXでは、指標が良くても下げる場合もある、市場の流れが大事です

FXの指標の見方として、市場予想より良いか悪いかで判断すると書きましたが、
ただ、市場の流れに多分に影響されるケースもあるので、
ここを押さえておかなくてはいけません。

たとえば、市場の流れが、上昇に向いている場合には、
悪い指標には、反応せず、良い指標のみに反応するケースが良くあります。
逆に、市場の流れが、下落に向いている場合には、
指標は良いのに反応せず、悪い指標が出るととたんに下げるという場合もあります。

市場の流れは、たくさんの人間が動かしているわけなので、
心理的要素に多分に影響されます。
なので、市場の流れを把握して、指標を見ないと痛い目に合うケースもあります。

指標で動くケースが多いので、指標は大事ですが、
それ以上に市場の流れ、雰囲気というものを把握しないといけないですね!


1万円からはじめられる→「外為どっとコム」
 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0