FX初心者のために!はじめての外為FX講座

This page:FX初心者のために!はじめての外為FX講座TOP > テクニカル分析 > FX初心者のためのローソク足の見方

FX初心者のためのローソク足の見方

FX初心者がまず最初に覚えなくてはいけないのは、ローソク足の見方です。

ローソク足は、もっとも基本的な指標です。
株をされている方には当たり前ですね。
値動きを、ローソクのような形で表したもので、
期間に応じて、日足や分足などと言われます。
一番良く使われるのが日足ですね。
ローソク足は、四角い囲みの部分とひげのように上と下に出る一本線の部分とに別れます。
四角い囲みの部分は、始値から終値をあらわしたもの
ひげのようにでる部分は、実際の値動きですね。
前日より上昇すると、白いローソク足となり、陽線と呼ばれます。
前日より下落すると、黒いローソク足となり、陰線と呼ばれます。
陽線か陰線かも重要ですが、
ローソク足は、ひげの意味合いが重要になります。

例えば、下記のチャートをごらん下さい。

赤丸のところにヒゲのようなものがでています。
下に出ているひげなので、下ヒゲと言います。
下ひげは、ある一定のところまで下落したが
そこからは買いが入って戻ってきたというサインです。
特に長い下ひげは、大きく買い戻されたということですし、
また、何度も同じようなところでヒゲが出るということは、
そこがサポートラインになりやすくなります。
※上ひげの場合は、逆ですね。

上記チャートの青丸のところを見てください。
+のように、十字になっているところがあります。
これも相場の反転を示す同時線(十字線)です。
下落途中で売り込まれていたけど、結局もとの水準に戻ったということ。
為替ディーラーは、相場の始値や前日の高値・安値を判断材料に、相場の売買を行います。
相場が底と判断するのであれば、始値より下回ったら買いをいれよう!という心理が働きます。
元の水準に戻ろうとする力が働き、結局始値にもどり、十字のローソク足
つまり同時線(十字線)となるわけです。

また、四角い囲みの部分がすごく長くなるケースもあります。
大陽線とか大陰線とか呼ばれる場合です。
これも上昇または下落のサインです。
FXでは、レンジ相場やもみあい相場を繰り返しながら、
ある一定のレートを超えると一気に上昇または下落という動きを繰り返します。
この一気に動いた部分が大陽線とか大陰線とか呼ばれる部分になるわけです。
これも重要なサインとなります。


1万円からはじめられる→「外為どっとコム」
 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0